海外FX業者の免許とサポート体制

免許制度と日本人サポート体制で選ぶ目安にしてみましょう

日本人サポート体制を選ぶ基準にしてみましょう

日本人が最も得意としている言語は当然ですが、日本語になると思います。自分が不安に思っている点などを相手に伝えようとした場合であれば、日本語で説明をしたいと思うのが当然の事だと思います。『海外FX業者 比較ネット』で紹介をしている海外FX業者のほとんどがサイトでの日本語対応はほぼ完備しております。また電話やメールでサポート体制についても、ほとんどの海外FX業者では日本人スタッフが最低一人は居るようになっています。『海外FX業者 比較ネット』でも、AVAFXにて、メールで連絡をさせてもらった事がありますが、翌日には日本人スタッフから連絡がきており、きちんと対応をして頂く事が出来ました。またAVAFX以外にも、FXDDやMIGの場合には、複数ないしは最低でも一人の日本人スタッフが、常時サポートを受け付けていますので、万が一口座開設の途中に不明点が出てしまった場合や、取引を行っている段階で不明点が発生した場合にも、電話で連絡をすれば、きちんと対応をしてもらう事が出来るでしょう。

 

こう言った様な、ポイントによって安心する事が出来る事によって、トレードにも集中できる環境を作り出す事が出来るポイントになりますので、日本人スタッフがきちんと対応をしてくれる環境かどうかは、大切な点となるでしょう。

 

免許を持っているかどうかが安心できるポイントに

日本の場合には法令で信託保全が義務付けられているので、万が一にも業者が倒産をしてしまった場合には、一定期間を空けてのポジションの強制決済が行なわれるので、その時点において損失が発生している場合には、預け入れている証拠金から損失分が引かれた金額とはなってしまいますが、基本的にはユーザーの証拠金が保護されている事になります。

 

しかし海外FX業者の場合には、信託保全の制度がないために、万が一取引している業者が倒産をしてしまった場合には、預けている証拠金の全てがなくなってしまい返ってこない可能性もあります。

 

このリスクを少しでも回避したり軽減する方法としては、複数口座を保有しておき、一社に集中をさせない方法があります。複数に口座を保有しておけば、資産を分割する事が出来るので、万が一の際にも、投資用として運用をしている資産全てがなくなってしまった。と言う最悪の事態は避ける事が出来る様になります。

 

これ以外の方法としては、基本的な事になりますが、信用度の高い業者で取引をする事が上げられます。『海外FX業者 比較ネット』で紹介をしている業者の中で言えば、『FXCM UK』が英国金融庁の免許を取得しており、安全性が高い業者と言う事が出来ます。また『FXDD』についても、マルタ金融庁の免許を取得しているので、一定の安全性が担保されているFX業者となっています。中でもスイスの銀行免許を取得している『MIG』は、安全性と言うポイントでは、最も高い海外FX業者となっています。スイスでは銀行免許を取得するのに、高いハードルが設けられているので、この点をクリアしていると言うのは非常に心強いポイントとなっています。


最大20.000?迄は保障を受けることができるXM/MEMarkets
入金ボーナスと言う嬉しいボーナスが付いているのが『XM/MEMarkets』になります。基準が厳しいと言われている英国FSAのライセンスも保有しており、万が一の会社の破綻時には顧客資産のうち、最大20.000?迄は保障を受けることができる様になっているので、海外FX業者の中でも、リスクに対しては強いサービスとなっているのが特長になります。レバレッジは500倍までとなっている点も魅力的となっています。スキャルピング手法を駆使するトレーダーには向いているサービスと言えるでしょう。また約定拒否がない点も、かなりポイントが高いと言えるでしょう。会社自体は2009年に誕生した新興企業ですが、注目度は高まっています。

会社情報

本社所在地

取引通貨ペア数

最大レバレッジ

スプレッド(米ドル/円)

最低入金額

取引プラットホーム

キプロス

59種類

500倍

2.0〜2.5pips

無し

MetaTrader

口座入金システム

口座開設時間

国内送金

入金反映時間

サイト日本語化

クレジットカード入金

5分程度

クレジットカード/銀行送金

日本語HPあり

VISA・Master・JCB ・Dinners・American Express

取引システム関連

システム安定度

注文方法

チャート

CFDの取扱い

モバイル対応

自動取引

非常に安定

4種類

スマートフォン対応

MetaTrader

取引システム関連

日本語サポート

資産保全

口座通貨

口座開設費用・維持手数料

日本人、日本語レベル5以上がサポート

最大20.000?迄は保障

JPY/USD/EUR/他3通貨

無料

公式サイトボタン


海外FX業者のIFC Markets
IFC MarketsのFXサービスでは、口座がいくつか用意をされていて、ビギナー用の口座も用意をされています。IFC Marketsのビギナー用の口座の特徴としては、100通貨から取引をする事が可能となっているので、正に最初は慣れるまで、なるべく金額を低く抑えたいビギナーに向いている会社となっています。FX以外にもゴールドやシルバーと言った様な商品の取引も可能となっていて、入金管理にはクレジットカードの使用も可能となっています。スプレッドも2銭からとなっているので、海外FX業者の中では割安なコストで取引を行えう点もポイントとなっています。デモ取引も可能となっていて、最低入金額が200米ドルとなっているのも、敷居を低くしている印象で好感が持てるのではないでしょうか。レバレッジは若干他の海外FX業者と比較をすると、低い設定となっていて、最大で100倍となっています。

IFCMarkets 口座開設

会社情報

本社所在地

取引通貨ペア数

最大レバレッジ

スプレッド(米ドル/円)

最低入金額

取引プラットホーム

イギリス

32種類

100倍

3銭から

1USドル

GCI ICTS

口座入金システム

口座開設時間

国内送金

入金反映時間

サイト日本語化

クレジットカード入金

15分程度

無し

クレジットカードの場合は1両日

日本語化に対応

PAYPAL方式のみ

取引システム関連

システム安定度

注文方法

チャート

CFDの取扱い

モバイル対応

自動取引

若干不安定

IFD・IFO・OCOも完備

使いやすく豊富なテクニカル分析

4種類

PDAで取引

未対応

取引システム関連

日本語サポート

資産保全

口座通貨

口座開設費用・維持手数料

電話&メールでの対応

分別管理

米ドル/ユーロ

無料

公式サイトボタン


システムトレード対応可能なのがFXDD
本社所在地がMaltaになっている海外FXの一つがFXDDになります。最低取引単位は1000通貨からとなっているので、取引の敷居が低いのが特徴となっています。入金や出金に関してはPaypalか銀行送金となっている点が、他の海外FX業者と比較した場合のデメリットポイントと言えるかもしれませんが、口座開設自体は40分程度で可能となっていて、当然、登録の方法は日本語で行なう事が出来ます。また、サポート対応として専属の日本人スタッフが配置されているので、英語について自信がない人でも気軽に問い合わせを行なう事が出来る様になっています。取扱っている取引通貨ペアは23種類となっていて、最低入金額は250USドルとなっています。話題のメタトレーダー4も完備をしているので、システム面では高い評価を受けているFX業者の一つとなっています。自動売買で取引を検討している人にはオススメになります。

FXDD 口座開設

会社情報

本社所在地

取引通貨ペア数

最大レバレッジ

スプレッド(米ドル/円)

最低入金額

取引プラットホーム

マルタ

23種類

約300倍

3銭から

250USドル

メタトレーダー4

口座入金システム

口座開設時間

国内送金

入金反映時間

サイト日本語化

クレジットカード入金

40分から1時間程度

無し

クレジットカードの場合は即時入金

日本語化に対応

PAYPAL方式のみ

取引システム関連

システム安定度

注文方法

チャート

CFDの取扱い

モバイル対応

自動取引

非常に安定

IFD・IFO・OCOも完備

使いやすく豊富なテクニカル分析

×

Windowsモバイルで可能

メタトレーダー4で完全対応

取引システム関連

日本語サポート

資産保全

口座通貨

口座開設費用・維持手数料

24時間体制でサポート

分別管理

米ドルのみ

無料

公式サイトボタン

アドセンス広告